ギャラリー

キャラメルチョコチップパン[変わり仕込み水]

仕込み水は、インスタントコーヒーを溶かしたもので、油脂はサラダ油。
分割した生地1個ずつに、キャラメルチョコチップをタップリ包み込みます。
ブリオッシュ型に入れ、上面に溶き卵を塗り、アーモンドスライスを飾りつけ、
200℃で13分焼成。

P1110868.JPG P1110867.JPG


粗熱がとれたところで、粉糖をふりかけ完成。

P1110870.JPG

カフェオレパンと、またひとつ違う味です。
P1110872.JPG


2014年02月14日(金)

by hidamari-pan

at 17時47分


甘酒ミルク食パン[角食パン]

1斤型で焼いたので、粉は250g。
仕込み水は、甘酒と牛乳を7対3の比率で投入。
捏ねの途中で、生地を分割し、一方はそのまま捏ねあげ、もう一方
には、フリーズドライタイプのイチゴを混ぜ込んで捏ねました。

成形時に白生地を大きくのばし、それより一回り小さくのばしたイチゴ
生地をのせ、更にイチゴパウダーを散らし、手前から巻き込み型へ。

蓋をして焼きましたが、山型でも良いかもしれません。

P1110819.JPG

断面は、こんな感じ。
もっとピンク色の渦模様をハッキリ出したかったのですが、やや薄め。

P1110823.JPG

通常の食パンと違う、甘酒のほんのりした甘さと、牛乳のモッチリ感を
楽しめる優しい味わいの一品です。
P1110824.JPG


2014年02月09日(日)

by hidamari-pan

at 17時04分


小松菜パン[野菜パン]

地元 「葛飾元気野菜」の小松菜を使ったパンです。
小松菜の美味しい時期は、12月~2月ですが、葛飾区では一年中栽培
されている野菜です。
我が家のお隣の畑で、実際自分で収穫した小松菜を使い焼いたパンです。
↓ "好きなだけ採っていいよ" と言われ、これでも遠慮した量の一部です。

P1110762.JPG

↓ フィリングは、小松菜・ハム・ゆずこしょう味のプロセスチーズ
P1110763.JPG

ベンチタイム後、めん棒で横長方形に延ばし、具材をまんべんなく散らし、
クルクル巻き、16等分にカットし、マフィン型へランダムに入れます。
P1110765.JPG

ツヤ出しに溶き卵を塗り、200℃で14分焼成。うーん、美味しいよオ~!

P1110770.JPG

小松菜に含まれる鉄分・カルシウム量は、ほうれん草以上で、栄養価の高い
緑黄色野菜です。
豊富なビタミンCは、風邪予防にもなり、美容効果もあるんですよ。


2014年02月04日(火)

by hidamari-pan

at 21時29分


チョコチップパン[お菓子風パン]

ココア生地をベースに捏ねあげ、ベンチタイム後 めん棒で生地を横長方形に
延ばし、製菓用チョコチップを馴染ませたら、折り畳み、分割→成形します。
仕込み水は牛乳で、もっちりした仕上がりです。
P1110720.JPG

成形は2種類。左側:手綱こんにゃくの要領  右側:クロワッサン風。
粗熱が取れたら、
粉糖を振り掛けた後、更にアイシングも施しましたが、どちら
かで十分です。
P1110724.JPG P1110722.JPG


小さなお子さんから大人の方にも喜ばれる、おやつパンです。


2014年02月02日(日)

by hidamari-pan

at 20時40分


ピリッとごぼうパン [野菜パン]

牛蒡は、水にさらすと旨みが逃げて(出て)しまうので、アク抜きは不要です。
先ず牛蒡1本をタワシで洗ったら、ささがきし、フライパンにゴマ油と赤唐辛子を入れ
炒め、醤油・砂糖・みりんを加え、汁気が無くなるまで炒りつけます。
P1110661.JPG
強力粉は「ゆめちから(北海道産)」を使用。もちっと感を出したかったので。
成形は、丸形は上面を十文字に切り込み、マヨ掛け、あとは長細くしクープを
施したり、リング形にしたり、エピと色々。
P1110679.JPG P1110666.JPG


牛蒡のシャキッと感とピリ唐味、そして霧吹きで水を吹いて焼いたカリッとした
焼き上がり。
美味しいですよ~!
P1110681.JPG


2014年01月28日(火)

by hidamari-pan

at 18時31分


簡単チョコレートケーキ[お菓子風パン]

クリスマスによし、バレンタインデーによし、プレゼントにもよし、と重宝する簡単に作れる
チョコレートケーキです。
P1110292.JPG P1110288.JPG


P1110283.JPG<材料>
胚芽ビスケット:80g、溶かしバター(無塩):30g、
ビターチョコレート:130g、バター(無塩):50g、
塩:ひとつまみ、薄力粉:10g、グラニュー糖:40g
卵(L玉):2個、粉糖:適量






<作り方>
・直径15cmの紙製丸型に、溶かしバターで馴染ませた胚芽ビスケットを敷き詰めます。

・ボウルにビターチョコレートとバターを入れ、湯煎で溶かします。

・ボウルに卵白を入れ泡立て、グラニュー糖を少しずつ加え、5分立て位のメレンゲを作ります。

・溶けたビターチョコ+バターのボウルに、卵黄を混ぜ、メレンゲを3回に分けて加え、均一に混ぜ
 合わせます。

・最後に薄力粉を振るい入れ、粉気がなくなったら、ビスケットを敷いた丸型に流し入れ、
 180℃/25分焼成します。

・型のまま冷まし、一晩寝かせると、生地がしっとり落ち着きます。
P1110304.JPG P1110301.JPG


生クリームを泡立てて、チョコっと載せると、苦さと甘さでマッチしますヨ。 ^_^
ミルクチョコレートも加えれば、苦味が薄れ、お子さんでもお口に合うと思います。


2013年12月20日(金)

by hidamari-pan

at 13時04分


生姜紅茶パン[ヘルシーパン]

低体温故に、何とか体温を上げるべく、体を温める工夫をしています。
その一つとして、普段から摂っている生姜を、パンへ応用してみました。

<生姜の特徴>
・辛味の主成分のジンゲロールが、加熱するとショウガオールに変化する。
  どちらも、血行をよくし体を芯から温める。
<生姜の効用>
・魚、肉の臭みを取る消臭作用がある。
・細菌の増殖を抑える抗菌作用や抗酸化作用が高い。
・老化やガンを予防する効果が期待出来る。

使用したのは、「生姜入り紅茶」と「ドライジンジャー」。仕込み水は牛乳。
P1110129.JPG

左側:成形完了 右側:焼成完了
P1110138.JPG P1110126.JPG
200gの強力粉で7組出来ました! 

体温が1度下がる(低い)と、免疫力が何倍も衰えるそうです。
そして、冷えは万病の元。解消・対策を考えねば..


2013年12月04日(水)

by hidamari-pan

at 17時18分


ミニシュトーレン[季節のパン]

ドイツ語で、"棒"という意味のパンで、ドイツではクリスマスに
つきもので、日持ちがよく、何日も前から焼かれます。

型を使わず、成形も簡単! 食べ易いようにミニサイズで
焼いてみました。
P1100930.JPG

フィリングは、ラム酒に漬けておいたレーズン・オレンジピール・アー
モンドスライスを、タップリ入れます。
お好みで色々入れてみても、いいと思います。
焼き上がったら直ぐに上面にバターを塗り、粗熱が取れ
たら、茶こしで粉糖をふりかけて完成です。
P1100939.JPG
雪の雰囲気が出て、クリスマスにピッタリです ^_^
P1100934.JPG


2013年11月15日(金)

by hidamari-pan

at 17時31分


全粒粉のカマンベールチーズパン[ヘルシーパン]

<全粒粉とは>
小麦粉の表皮・胚乳・胚芽の全てを一緒に粉にした、小麦の全てが
含まれた粉です。

<特徴>
食物繊維・鉄分・ビタミンB1・ビタミンE・各種ミネラル等の、栄養素を豊富に
含む栄養満点の粉です。

<注意点>
グルテン組織が出来にくく、パンに膨らみが出ない為、使う時は、全体の
6割以上の強力粉と混ぜて使うと良いです。

『カマンベールチーズパン』
全粒粉を2割配合し、牛乳+ハチミツを仕込み水にした、ややふっくらした
仕上がりです。
成形時にカマンベールチーズを包み、焼成時に全粒粉を振り掛け、クープを
入れてみました。
zenryuhun_3.JPG
噛み締める程に、味わいが出てきます。
zenryuhun_2.JPG zenryuhun_1.JPG 


2013年11月06日(水)

by hidamari-pan

at 16時03分


サツマ芋プリン&カボチャようかん[お菓子風パン]

季節の食材を使った、秋らしいスイーツ2品をご紹介します。

『サツマ芋プリン』5人分
・材料・・・サツマ芋/正味200g、牛乳/300c、卵/Lサイズ1個、砂糖/大さじ5、
            バニラエッセンス/少々
・作り方・・
①.サツマ芋の皮をむき、1cm角位に切ったら切りしたら水にさらし、耐熱
    容器に入れ、電子レンジで柔らかくする(600wで5分程)
②.サツマ芋をステンレスボウルに移し、マッシャーでよく潰し、砂糖→卵→牛乳の
    順で加え、都度よく混ぜ、好みでバニラエッセンスを数滴たらしたら、器に
   流し入れる。
③.蒸気のあがった蒸し器で、強火で2分→弱火で13分蒸す。
④.氷水の入ったトレー等で、器ごとつけ冷ます。粗熱が取れたら冷蔵庫
    で冷やす。
P1100728.JPG P1100727.JPG


『かぼちゃのチーズ入りようかん』6人分
・材料・・・カボチャ/正味150g、牛乳/200c、粉寒天/2.5g、砂糖/35g
            スライスチーズ/2枚
・作り方・・
①.カボチャの皮と種を取り、1cm位に角切りしたら、耐熱容器に入れ、電子
    レンジで柔らかくする(600wで4分半程)
②.鍋に、牛乳と粉寒天を入れてよく混ぜ、火にかける。粉寒天が溶けたら、
    砂糖を加え煮溶し、軽く沸騰させ、スライスチーズをちぎって入れる。
③.カボチャをステンレスボウルに移し、マッシャーで粗く潰す。その中に②を入れ、ホイ
    ッパーでよく混ぜたら、型に流し入れ、冷やす。
(常温でも30分位で固まります。その後は、冷蔵庫で冷やします)
P1100731.JPG P1100721.JPG





2013年10月23日(水)

by hidamari-pan

at 18時01分


ページトップへ戻る