ギャラリー

カボチャとサツマイモの二層タルト[季節のパン]

P1100628.JPGタルト生地は、ビニール袋の中で粗く砕いたビスケットに、
溶かしバターを入れて馴染ませたもの。
これを底取れタイプの丸型に敷き詰めて準備完了。






P1100630.JPGカボチャとサツマイモをそれぞれ1cm程に角切りし、
耐熱容器に入れ電子レンジで加熱し、柔らかく
したら、熱いうちにそれぞれゴムベラで滑らかに
します。
砂糖・シナモンパウダーを加え、粗熱が取れたところ
で、卵と生クリームを加え、よく混ぜ合わせます。





P1100631.JPGタルト生地の上に、サツマイモを平に敷き、その上に
カボチャを重ね、最後にカボチャの種を散らしたら、
余熱の入ったオーブンで、170℃で45分焼きます。








P1100633.JPG<注意点>
ビスケット生地が崩れてしまうので、焼き上がったら、
型に入れたまま冷まし、粗熱が取れたら、冷蔵庫
で型ごと冷やします。
食べ頃は、翌日です ^_^






翌日型から外し、切り分けてみました。カボチャとサツマイモの二層になっています。
P1100648.JPG P1100645.JPG


2013年10月13日(日)

by hidamari-pan

at 19時19分


ごろごろカボチャのキッシュ[季節のパン]

カボチャの美味しい季節がやって来ました。
そこで、パンではないのですが、冷凍パイシートを使い、簡単に作れる
『ごろごろカボチャのキッシュ』を、ご紹介します。

材料:カボチャ330g、玉ネギ1/2個、しめじ1房、ベーコン3枚、卵1個、薄力粉20g、
牛乳70cc、生クリーム120cc、塩・胡椒。ナツメグ、とろけるチーズ30~40g
P1100587.JPG

カボチャを、ごろごろ感のある大きさに切り、耐熱容器に入れ、電子レンジで
加熱し柔らかくします。(600Wで5分程で、丁度良かったです)
P1100589.JPG
=============================================
この間に、冷凍パイシートを、無塩バターを塗った底取れタイプのパイ皿に、
敷いておきます。
==============================================

次に、フライパンにサラダ油を敷き、玉ネギを透き通るまで炒めたら、ベーコンと
しめじを入れ、だいたい炒めたところで、塩・胡椒で味を整えます。
P1100590.JPG

ボウルに卵を入れ、ホイッパーで泡立て、薄力粉を振るい入れ、牛乳を少し
ずつ加えながら混ぜ、生クリームを加え更に混ぜ、塩・胡椒・ナツメグで味を
調整します。
P1100591.JPG

パイ皿に炒めた玉ネギ等を入れ、全体に広げます。
P1100595.JPG P1100594.JPG


その上に、カボチャを並べ、クリームをゆっくり流し入れ、残しておいたしめじを
パラパラと散らし、最後にとろけるチーズを載せます。
 
P1100597.JPG P1100596.JPG


余熱が完了したオーブンで、180℃で40分焼成。
カボチャが、ほくほくして甘く、カボチャ好きには、もってこい!
P1100608.JPG P1100605.JPG
深型タイプのタルト型を使うと、なお
厚みにあるキッシュが出来ます。


2013年10月10日(木)

by hidamari-pan

at 20時23分


コーンミールマフィン[ヘルシーパン]

カリウム・マグネシウム等のミネラルや食物繊維を富む、コーンミールを
使ったマフィンで、黄色の色合いが、美味しさを増します。

<材料>
無塩マーガリン:50g、砂糖:50g、卵:2個、薄力粉:70g、
ベーキングパウダー:大さじ1/2、プレーンヨーグルト:1/3カップ、
コーンミール:70g
P1100539.JPG

これらを、ホイッパーでボウルの中で順番によく混ぜ、型に
流し入れ、180℃で23分焼きます。
P1100542.JPG

コーンミールの粒々館が楽しめ、おやつタイムにも合います。
P1100547.JPG P1100548.JPG


2013年10月07日(月)

by hidamari-pan

at 13時03分


パンプキンカルツオーネ[季節のパン]

「カルツオーネ」とは、【包む】という意味で、かぼちゃ餡を包んでみました。
毎年秋には、かぼちゃを使った色々なパンを試作するのですが、
今年は、これでいこう!

P1100072.JPG

140gの粉で6個作れます。
リーンな生地で、ぬるま湯+オリーブ油を仕込み水として、一気にかけ
捏ねていきます。非常にベタつくので手について大変ですが、弾力
ある生地にまとまります。(結構、快感!)

P1100071.JPG

かぼちゃ餡は、まず電子レンジで好みの柔らかさにし、バターと三温糖
を加え、よく混ぜておきます。

焼成時に、溶き卵を塗ったものと、オリーブ油を塗ったものと、分けて
みました。素焼きの感じと、ツヤがある2パーン、どちらもいい感じです。

中身は、こんな感じです。かぼちゃ以外にも色々合いそうです。
P1100073.JPG


2013年08月26日(月)

by hidamari-pan

at 17時11分


プチマルグリット[ヘルシーパン]

パンの基本材料である 小麦粉・塩・イースト・水 に、ほんの少量の油脂と
砂糖を加えただけのシンプルなパンです。

特徴は、お花形の成形ですが、これは粉をつけた箸で、放射線状に
溝を作り、真ん中の窪みに、小さく丸めた生地を載せます。

P1090933.JPG P1090930.JPG


仕上げに、茶こしで強力粉を全体に振り掛けてから焼きます。
ほんのりした焼き色が、程好い感じです。

P1090941.JPG P1090940.JPG


仕込み水が牛乳の「ハイジの白パン」とは又違う、弾力のある飽きのこない
シンプルな味わいです。


2013年08月09日(金)

by hidamari-pan

at 16時05分


枝豆&チーズ食パン[角食パン]

夏にピッタリ !  枝豆とチーズ入りの最強角食パン。
枝豆は、捏ね上がり寸前に生地全体に混ぜ込み、プロセス
チーズは、成形時に3分割したそれぞれに入れます。

P1090748.JPG

ポイントは、食パン型と蓋の内側に、しっかり油脂を塗って
おく事と、二次発酵の見極め。
綺麗に角を作れるための大事なところです。
P1090752.JPG


2013年07月26日(金)

by hidamari-pan

at 19時50分


餡入り黒ごま食パン[角食パン]

蓋をして焼く角食パンは、きっちり型に沿った直方体に仕上げるのが、中々
至難の業で、二次発酵の見極めが難しいです。

この黒ごま食パンは、めん棒で四角に延ばした生地に、ゴムベラで、こし餡を
全面に広げて巻いたワンローフ。
型の9割まで発酵させ、200℃で24分焼成しました。

P1090717.JPG P1090718.JPG


冷めてから、パン切り包丁で好みの厚さに切ります。
ごまの風味と食感が、何とも言えません ! 餡も合いますよ~!
残ったら、ビニール袋に入れ、乾燥させないように保存し、翌日はトースト
すると、カリッとして又旨みが出ます。
P1090725.JPG P1090719.JPG


2013年07月20日(土)

by hidamari-pan

at 21時04分


トマトバジルのアレンジ[季節のパン]

夏っぽく、オレンジ色(トマトジュース)とグリーン(枝豆)をベースにし、
フィリングはプレソスチーズで。
捏ねあげ直前に乾燥バジルを加え、風味・香りも出して。

P1090710.JPGトッピングは、ピザソースと、とろけるチーズの2種類です。
ブルオッシュ型に入れ、アクセントをつけた成形にしました。

P1090709.JPG暑い夜、ぐいっとビールのおつまみにも、いいですヨ!


2013年07月18日(木)

by hidamari-pan

at 19時45分


2種のジャムパン[お菓子風パン]

国産小麦粉の「はるゆたか」を使って焼きました。
仕込み水は牛乳にしましたが、吸水が良く直ぐまとまって
しまうので、何度か追加して捏ねたので、捏ねに時間が
かかりました。(とても弾力があります)

2種類のジャムを、それぞれ成形を変え、一度に焼き上げた
お菓子風のパンです。
今回は、手作り梅ジャムと、ブルベリージャム&クリームチーズの
2種類ですが、ジャムは、お好みでどうぞ。


2013年07月02日(火)

by hidamari-pan

at 14時46分


ホットクロスバンズ(Hot Cross Buns)[お菓子風パン]

先日、生徒さんからいただいた「はるゆたか(強力粉)」を使ったパンを
考えているのですが、食パンでは面白みがないので、思いついたのが
牛乳と絹豆腐を仕込み水にしたモッチリパン。
成形は『ホットクロスバンズ』風で。

P1090570.JPG

『ホットクロスバンズ』とは、イギリスの伝統的なパンで、イースター(春分後の最初
の満月を迎えた次の日曜日に行われるイエス・キリストの復活祭)に食べ
られるそうです。
十字架を意味する模様飾りが特長です。

P1090573.JPG

通常は、フィリングにドライフルーツが用いられるそうですが、お多福豆で。
更に、焼き上がり後直ぐに、砂糖を溶かして温めた牛乳を、ツヤ出し
として塗ります。
全体に甘めの、ふんわり柔らかい おやつパンです。
P1090575.JPG


2013年06月24日(月)

by hidamari-pan

at 19時03分


ページトップへ戻る