ギャラリー

non butter オレンジパン[ギャラリー]

1399228728[1].jpg『バター、オイルなしでもこんなにおいしい ふとらないパン』という本を生徒さんからお借りし、その中に掲載されている【お花畑フルーツパン】をアレンジして作ってみました。

3年前にも、やはり生徒さんから"バターを入れなくてもパンって焼けるんですね"と、この本の存在を知っていたのですが、やはり皆さんカロリー気にされてるようで。

  

1400229179[1].jpgこの本の著者は、戦後日本人の食生活は変化し、結果肥満・糖尿病・高血圧症等の病気が増えた事、自身の太ることへの恐怖心から、油を使わないパンを推奨しています。

パンに使われる油脂は【生地の伸びをよくし、パンの柔らかさを保つ】大事な役割があります。⇒程よいボリュームが出て、パンの水分蒸発を防いで硬くなるのを遅らせます。単に味をよくするor香りコクを出す為だけではありません。

 

1392230641[1].jpg実際作ってみて、捏ねの段階から生地に伸びが無くて硬く、焼き上がり直ぐでも、噛んだ感じが硬いのです。時間が経てば経つ程、硬くなるのでは?

トッピングのカスタードクリームもレシピ通り油脂を入れずに作りましたが、あっさりした味。やっぱり、ふっくらふんわりパンは、本来の食感を楽しみたいです。

改めて油脂の役割が分かり、そういった意味では勉強になりました。


2012年08月06日(月)

by hidamari-pan

at 12時13分


カレーウィンナー[ギャラリー]

味は同じでも形が違うと、食感も変わります。

1414550571[1].jpgカレー粉を生地に混ぜた、夏に合う風味です。

ロングウインナーを巻き込み、成形は3パターン。

お好きな形を楽しんで下さい。


2012年07月29日(日)

by hidamari-pan

at 12時13分


米粉ピザパン[米粉パン]

1349221226[1].jpgUCC×クスパ コラボ企画「カンタン朝レシピ」に応募した

『米粉ピザパン』。下記URLで見られますので

ご参照下さい。↓

http://cookingschool.jp/campaign/report/benesse201207/

私のコマの「米粉ピザパン」をクリックすると、レシピに飛びます。


2012年07月25日(水)

by hidamari-pan

at 12時13分


紅茶パウンドケーキ[ギャラリー]

茶葉の食感がいいですヨ!

1426008402[1].jpg紅茶の茶葉と、ラム酒が効いた手作り感たっぷりのパウンドケーキです。

ふんわり仕上げにする為、ベース生地と別にメレンゲを作り、振るった粉

と交互にサックリ混ぜ合わせるのがポイント。

電気オーブンで、180℃/45分焼きますが、生地を作って型に流し入れるだけでいいので、楽です。

 

プレゼントにも喜ばれそうです。

1364008604[1].jpg生地にもラム酒が入っていますが、焼成後すぐに上面にハケでラム酒を塗り、滲み込ませます。

砂糖を少し減らし甘さを控えめにすれば、大人向けの味になります。


2012年07月23日(月)

by hidamari-pan

at 16時49分


亀さんと仲間[ギャラリー]

釜伸びしたデカめのメロンパンに...

1416053642[1].jpgビスケット生地を亀の甲羅に見立てた、亀パンです。

これ、意外と難しいです。

発酵で土台生地が膨らみ、成形時に被せたビスケット生地とのバランスが崩れ、目(ドライブルーベリーの実)も、どこへやら...

メロンパンは低めの低温で焼くのですが、コアラとウサギの焼成温度が違うので、その辺も工夫が必要です。


2012年07月12日(木)

by hidamari-pan

at 16時58分


さわやかハチミツレモンパン[季節のパン]

つやつやっ子達、可愛い~

gallery_img01.jpg夏にピッタリかな。
生地に細かく刻んだレモンの皮と、絞った汁を混ぜ込み、焼き 上がったら直ぐにレモンアイシングを上掛けします。
このアイシングは、溶かしバター・粉糖・レモン汁で作ります。
熱いうちに掛けるのがポイント !
とろーり流れて、綺麗に仕上がります。


2012年06月29日(金)

by hidamari-pan

at 21時08分


ノアレザン [ギャラリー]

少し太めにしました。

1435149790[1].jpgノア=くるみ、レザン=レーズンという意味。

ライ麦粉:強力粉を1:3で配合し、くるみとレーズンをたっぷり入れた、ハード系のパンです。

生地全体(外側)にも、ライ麦粉をしっかりつけて焼成。

やや硬めに詰まった仕上がりにする為、二次発酵は10分と短めにとり、高温で長め(210℃/17分)に焼きます。


2012年06月20日(水)

by hidamari-pan

at 16時58分


ふんわりブレッド[ギャラリー]

焼き色も電気オーブンと違います。

1362485382[1].jpg"本当に、ふんわりなの?!"と、疑い深い次女でしたが、触って⇒食べて"うわー本当にふんわりだぁー"とコメント。

そうなんです。クラスト(外相)はしっかり、クラム(内相)はふんわり焼けるのがダッチオーブンの威力です。

 

 

 断面です。

1382485606[1].jpgフィリングはガーリック&ハーブ味のナチュラルチーズです。

粉そのものの味わいにマッチングしています。


2012年06月12日(火)

by hidamari-pan

at 16時58分


レーズン入り黒糖バターロール[ギャラリー]

1384250223[1].jpg・砂糖:黒糖=ビタミンB1.B2、ミネラル、カルシウムが豊富。数分で体内に吸収される為、ちょっと疲れた時に摂取すると良いです。

・仕込み水:牛乳=ふっくら食感が生まれます。

・フィリング:レーズン=干しぶどうは栄養価が高く、ミネラルが豊富。貧血、骨粗しょう症予防に効果。

  

1382251804[1].jpgバターロールというと、バターがたっぷり入っているイメージですが、バターを付けながら食事パンとしていただくものなので、パン自体に含まれるバターは少なめです。

ツヤ出しに、卵と牛乳を塗ってみました。"陽に焼けた小麦肌"っぽい仕上がりです。黒糖が素朴な甘みを出していて、レーズンの酸味も合っています。

「何個でも食べられそう」と、生徒さんが笑っていました。 ふふ ^_^


2012年05月17日(木)

by hidamari-pan

at 22時39分


レモンパウンドケーキ[お菓子風パン]

190℃で42分焼成で完成です。

1365077177[1].jpg「太白胡麻油」を使ったパウンドケーキです。

すりおろしたレモンの食感が活きています。

粗熱が取れたら、レモンアイシングとレモンの皮で仕上げ。

 

  

この粗い感じが手作りの良さ。

1412077471[1].jpg断面です。

パウンドケーキは、焼き上がりより翌日の方が、味が馴染んで美味しいのですが、やっぱり直ぐに食べたい!

うーん、しっとりしています。


2012年05月15日(火)

by hidamari-pan

at 22時39分


ページトップへ戻る