日だまり通信

映画「PLAN75」[ つぶやき ]

つい最近、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で、賞を取った事も有り、超満員でした!。大半高齢者で、ご夫婦と見受けられ方も多い印象で、関心度が伺えました。



<ストーリー>
少子高齢化が一段と進み、満75歳から生死の選択権を与える【PLAN75】が、国会で可決・施行されたという設定。申請を受けるか心揺らぐ主人公(倍賞千恵子)、市役所の申請窓口で働くヒロム(磯村勇斗)、死を選んだ人達のコールセンターとして最後までサポートする璃子(河合優実)、亡くなった後の遺品処理の仕事をする女性(ステファニー・アリアン)の、それぞれの苦悩が丁寧に描かれていました。

映画では、更に年齢を引き下げることになりそうでした。それは高齢者を支え切れないという事なのですが、うーん厳しい...

2022.06.21


ページトップへ戻る